イケアの家具の悪いとこ

イケア家具はデザインもオシャレで、価格も安いと
良いところばかりのようですが、もちろん安いにはそれなりの
理由があります。

それは、イケアの家具は
“完全セルフサービスの組立て式家具である”
ということです。
欧米では珍しい形態ではないようですが、
日本人にはまったく馴染みのないサービスです。

自分で家具を探して、自分で在庫棚から商品を探して、
自分でレジに持っていって、自分の持って帰って、
自分で組み立てる。

イケア家具が高い品質なのにも関わらず、
価格が安い理由でもあります。

日本人にとって、一般的な家具屋やサービスは
イケアとはまったく逆ですよね。
お店の人が家具についてのアドバイスをしてくれて、
レジまで運んでくれて、配送サービスもしっかりしているのですから。

だから、最初にイケアで家具を購入しようとすると
非常に戸惑う人もいると思います。
でも、それはいい家具を安く購入するためだと思って、
慣れてしまいましょうね。

また、自分で組み立てるという点は少し注意が必要です。
ドリルなどの工具が必要な家具も少なからずあるからです。
このような手間があるから家具を安く購入できるということを
理解してイケアでの家具のショッピングを楽しんでください。

イケアの家具のデザイン

イケア家具は、
『誰もが手に入れやすい価格帯で製品化する』
というコンセプトのもとに成立っています。

このイケアのコンセプトに賛同した
世界のデザイナーたちがデザインしたのが
イケアの家具です。

デザイナーがデザインした家具というだけあって、
イケアの家具はシンプルなデザインが多いですが、
しっかりインテリアに溶け込むように考えられており、
機能性もしっかり考えて作られています。

“生活の中で役に立つ家具”
がイケアの家具の魅力です。
価格も組立て式にすることで、
価格も量販店の家具屋さんと同じぐらいです。

デザインだけじゃない、使える家具を探している人にとって
イケア家具は最適なんじゃないでしょうか。

イケアの家具と北欧家具

イケア家具は、北欧スタイルがベースになっています。

イケアのロゴがスウェーデンの国旗カラーになっていることからも、
イケアとスウェーデン(北欧)の関係がお分かりになると思います。

白木の家具、生成りの布地、木の風合いを活かしたデザインは
スウェーデンの素朴で暖かみのある民族的なスタイルと
伝統的な様式を合わせたものから来ています。

だから、イケアの家具
流行に流されずに、機能性とデザイン性を併せ持った
スタイルとなっているのです。

環境に配慮しているイケアのコンセプトは、
“限られた資源を有効に活用すること”です。

このイケアの精神も、
スウェーデンの暮らしの伝統を大切にするなかで
培われたものです。

イケア家具は、北欧スウェーデンの伝統である
自然を大切にすることを大事にしています。

イケアの家具を購入するときは、
イケアとスウェーデンの精神を取り入れて、
長く大切に使いたいですね。